【日本文学】日本文学作品经典开场白

    来源:    编辑:宇青Yuki    点击: 92 次
学习日语自然会接触到日本的文学作品。大家都读过哪一些作品呢?

学习日语自然会接触到日本的文学作品。大家都读过哪一些作品呢?宇青老师为大家介绍一些日本的文学作品的经典开场白哦!

l 安部公房——『砂の女』

安部公房(1924~1993),日本小说家,剧作家。生于东京,在中国沈阳长大,度过小学中学时代 。『砂の女』讲述了男教师去沙丘采集昆虫标本,被骗住进了一个蚂蚁穴般的砂洞,并与一名寡妇同居发生的故事。

 八月のある日、男が一人、行方不明になった。休暇を利用して、汽車で半日ばかり海岸に出掛けたきり、消息をたってしまったのだ。捜索願も、新聞広告も、すべて無駄におわった。

l 三岛由纪夫——『金閣寺』

三岛由纪夫(1925年1月14日 - 1970年11月25日),出生于日本东京,毕业于东京帝国大学(今东京大学),是日本当代小说家、剧作家、记者、电影制作人和电影演员。《金阁寺》是三岛由纪夫代表作之一。

 幼時から父は、私によく、金閣のことを語った。私の生まれたのは、舞鶴から東北の、日本海へ突き出たうらさびしい岬である。父の故郷はそこではなく、舞鶴東郊の志楽である。懇望されて、僧籍に入り、辺鄙な岬の寺の住職になり、その地で妻をもらって、私という子を設けた。

l 太宰治——『斜陽』

太宰治(1909年6月19日—1948年6月13日),日本小说家,日本战后无赖派文学代表作家。主要作品有小说《逆行》《斜阳》和《人间失格》等。小说以战后日本的混乱为背景,描写了落没贵族斜阳般的生活。

 朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、「あ」と幽(カス)かな叫び声をおあげになった。「髪の毛?」スウプに何か、イヤなものでも入っていたのかしら、と思った。

l 井伏鱒二——『山椒魚』 

井伏鳟二(1898年2月15日-1993年7月10日),日本小说家。在就读早稻田大学文学部法文系时中途辍学。

山椒魚は悲しんだ。彼は彼の棲家である岩屋から外へ出てみようとしたのであるが、頭が出口につかへて外へ出ることができなかつたのである。

l 川端康成——『伊豆の踊子』

川端康成(1899年6月14日~1972年4月16日),日本文学界“泰斗级”人物, 新感觉派作家,著名小说家。1968年以《雪国》、《古都》、《千只鹤》三部代表作获得诺贝尔文学奖, 亚洲第三位获得诺贝尔文学奖的人。

 道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨足が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追ってきた。

大家有哪些喜欢的文学作品呢?欢迎大家在评论区告诉宇青老师哦!


分享到: